Boot CampのためにMacBook Airを復元 – Lionの設定

復元後のLionの設定やアプリケーションのインストールなどの環境構築について,だいたい時系列で備忘録として残していきます。(※このページは随時更新します。)

iCloud

私はすべてONにしています。

日本語入力

Windows同様,ATOKをインストールします。

  • クラウドに保存していたATOK 2011インストーラと建築土木辞書をダウンロードしてインストール
  • JUSTオンラインアップデートをかける。
  • ATOK Syncを設定して辞書を復元
  • 「システム環境設定」−「言語とテキスト」ー「入力ソース」でことえりを除外
  • KeyRemap4MacBookをインストールし,左右のcommandキーを「英数/かな」として使う設定にする。

システムのアップデートなど

メニューバーのリンゴマークから「ソフトウェア・アップデート」でOSやドライバ,Safari, iTunesなど基幹ソフトウェアのアップデートを実行。

iTunesの設定

iTunesのライブラリはSSDに置くと容量がもったいないので,Time Capsuleに移しています。optionを押しながらiTunesを起動して,TimeCapsuleにあるライブラリを選択

iPhotoの設定

Mac App Store からiPhotoをダウンロードしてインストールし,同様にoptionを押しながらiPhotoを起動して、Time Capsuleにあるライブラリを選択、この時点で、この記事用にiPhoneで撮影したフォトストリームの写真を取り込めるようになりました。

Office:mac 2011

  • 使わないものは除外してインストール。校正ツールは日本語と英語だけ。せこいけど約400MB節約
  • 最新バージョンにオンラインアップデート

Parallels Desktop 7

  • オンライン購入時にバックアップとして作成したCDからインストールしようとすると,最新バージョンをダウンロードしてインストールしてくれる。
  • Boot Camp領域の仮想化を設定
  • しかしながら,WindowsとOfficeのライセンス再認証が必要とのこと。常用できるかは不明

関連記事