Word 2016からWordPressへ投稿してみました

Backspace.fmの@drikinさんが,プロの媒体に出す記事の下書きをWordの校正機能を使って修正している,という記事をあげていたので,早速僕も試してみました。

設定方法

標準テンプレートのうち,「ブログの投稿」というものを選択します。

新しいブログアカウントを作ります。コンボボックスからブログプロバイダーを選択します。たいていの人はWordPressでしょうか。

ブログの投稿先,WordPressのユーザー名,パスワードなどを設定します。

編集画面

編集画面へ移ります。最初はタイトルと本文欄ぐらいしかありません。

「ブログの投稿」リボンを選択すると,「分類の挿入」がありますので,カテゴリを挿入できます。タグは挿入できなさそうです。

「挿入」リボンは,ふつうのWord文書とほぼ同じものがあり,オートシェイプやSmartArt,グラフ,ワードアートなどが使えそうです。

数式はなぜかリボンの中にありませんが,他の文書からコピペして試してみたところ,やはり表示できませんでした。

Snipping Toolを使って画像で貼り付けるしかありません。

文書校正

Wordの文書校正機能について,最近細かくチェックしていなかったので,改めてその設定項目をチェックしてみました。

色々ありますが,厳しい校正を行うように設定してみます。

 

 

誤りのチェック,表現の推敲はすべてチェックします。

漢字レベルは「常用漢字」を選択すると,「貼り付け」などの簡単な漢字も校正しようとしてしまうので,チェックなしにします。

文体や全角半角,句読点を統一することもできます。

WordPressと入力するとWordPressと正式な名称に指摘してくれます。

文体が揃っていない場合も指摘してくれます。

メリット

スクリーンキャプチャをいちいち名前をつけて保存しなくても,Wordに貼ってしまえば良いので,その点は楽になりました。

デメリット

確かに校正機能は優れていますが,HTMLで直接いじれるわけではないので,Wordで投稿後にWordPressから修正が必要となるところもあります。

  • パーマリンクのスラッグ
  • タグを追加
  • アイキャッチ画像の設定
  • リンクの設定(特にアフィリエイトリンクなど)
  • その他HTMLを直接いじる必要がある箇所など

投稿してすぐに閲覧されるわけでもないと思いますので,すぐに直すことでやむを得ないと考えています。

関連記事