デジモノステーションの0SIMは本当に安いのか?他の主要MVNOと料金を比較してみた

ガジェットオタクのみなさん,SIMは何枚契約していますか?

僕はメインのiPhoneはソフトバンク,iPad mini 2(SIMフリー)にFREETEL,そして中古で買ったiPad 4th(au版)にはmineo AプランのSIMを入れています。たった3枚,少ない方ですかね… 以前XPERIAやnexusなど持っていた頃はOCNモバイルONEを最大3回線契約したこともあります。

先月25日に発売され,おそらくもう入手困難なデジモノステーションの付録である’0SIM’ですが,僕ももちろん入手していましたよ!これで現在は4枚目のSIMになります。

Windows 10 mobileでも購入して使おうと思っていましたが,なかなか踏み切れず,今日まで未使用でしたが,契約は2月中にしなければSIMは無効になってしまうらしく,忘れないうちにと思い,FREETELと差し替えてiPad miniに入れることにしました。

既に使用方法など詳細に記事にされたブログなどがあるので,その辺は省略します。
このページでは,僕が既に契約している従量的(階段的?)なFREETEL SIMや固定金額のmineoなどと比較して,どのSIMをどのように使えばお得なのかを考えてみたいと思います。

まずは契約内容に照らして,通信量と支払金額(消費税,ユニバーサルサービス料含む)をプロットしてみました。ここではオプション料金は高いので考慮しないことにしました。
(OfficeオンラインのExcelシートが以下に表示されます。環境によっては表示されないかも)

このように見てみると,0SIMは月間1.4G〜3GB使用する場合(青い線が上に突出している部分)は,割高になるということがわかりました。したがって,0SIMは,500MB未満で無料に抑えるか,1GB未満で500円程度に抑えるのか,または思い切って3GB〜5GBぐらい使い切るのが良いということになります。
いろいろな端末・SIMを組み合わせて使うのであれば,やはり0SIMは1GB未満の使用に抑えるのがよいですね。

逆にテザリングにも使うのでたくさん使いたい,という場面では,10GBまで速度制限のないFREETELがよいでしょう。

月によって,たくさん使うか少ししか使わないかわからない端末の場合は,FREETEL,0SIMの順に有利となります。

ではmineoA(3Gコース)はどのような場合に向くかと考えると,毎月コンスタントに3GB程度使う場合で,3GBをちょっと越えた場合には速度制限が掛かってもいいから料金が上がらないで欲しい場合などでしょうか…

関連記事