Apple USB-C 充電ケーブル交換プログラムでAppleサポートチャットを使ってみた

以下のようなリコール?を知り,僕のMacBookも該当するか確認してみました。

2015 年 6 月まで MacBook コンピュータに同梱されていた Apple USB-C 充電ケーブルの一部が、設計上の問題により故障することがあります。その結果、対象となる充電ケーブルを介して MacBook を電源アダプタに接続しても充電されないか、または断続的にしか充電されない場合があります。

情報源: Apple USB-C 充電ケーブル交換プログラム – Apple サポート

対象となる充電ケーブルの見分け方

本プログラムの対象となる充電ケーブルには、”Designed by Apple in California. Assembled in China” という文字が印字されています。新設計の充電ケーブルには、この文字の後にシリアル番号が印字されています。詳しくは以下の画像をご覧ください。

とのことなので,自分のものを見てみました。

IMG_3584

既に多少ケーブルが汚れており,また書かれている文字も非常に小さく,老眼気味の肉眼ではよく分かりませんでした。
片方のケーブルの先端から17〜20cm当たりのところにそれらしいものが発見できたので,撮影して拡大してみることに。

IMG_3585

“Designed by ~ in China” の文字の後にシリアルナンバーはありませんでしたので,対象のケーブルであることがわかりました。ヤフオクで中古で購入したもので,2015年何月に購入したものかわからなかったのですが,6月までに購入されたもののようです。
現状は特に困っていないのですが,今後「設計上の問題で故障することがある」らしいので,ぜひ新しいものに交換したいところです。

交換手続き

USB-C 充電ケーブルの交換手続きは下記のいずれかの方法でお願いいたします。交換手続きの際、本プログラムの対象になるかどうかを確認するために、お使いの MacBook のシリアル番号が必要になります。シリアル番号の確認方法についてはこちらをご覧ください。
・お近くの Apple Store 直営店で交換する (ご来店前に Genius Bar のご予約をお願いいたします)。
・お近くの Apple 正規サービスプロバイダで交換する。
・Apple サポートにお問い合わせいただく。

ストアに行くのは面倒なので,上記のリンクからサポートを使うことにしました。

電話も長時間待たされたり,対応のレベルも担当者により差があると思い(以前嫌な思いをしたことがある)初めてチャットを使ってみることに。

「Apple USB-C 充電ケーブル交換プログラムに該当するMacBookのケーブルを持っているので,手続き方法を知りたい」旨でやりとりをすると,丁寧に対応していただき嫌な思いをすることもなく,簡単に終了しました。
手続きの内容がわかるアドレスやチャットの履歴をメールで送付されたり,不安になる要素も特にありませんでした。
時間もかからず一番楽な方法だと思うので,おすすめです。

追記

2日後に交換ケーブルが早速送られてきました。やはり文字は見づらく,写真を撮って拡大しないとわからなかった。
IMG_3589

関連記事