Apple Watch 7 購入記念! Apple Watch遍歴のまとめ

Apple Watch 7が届いた

“Apple Watch Series 7は10月8日(金)より注文受付を開始し、10月15日(金)より販売を開始” とのことでした。僕も今年のモデルは欲しいと思い、9時からスタンバイしていました。なかなか繋がらなかったのですが、繋がってからモデルを選び、注文しました。が、15日到着の予約には間に合わず、23〜30日の到着と出て、実際は29日に届きました。これまでの経験だと予定到着日に対してもっと早く届くと思ってましたけど、今後は違うのかも知れませんね。

Apple Watch Series 7 のレビュー

購入したモデルは以下です。

第一印象は、表示領域は若干デカくなったな…と思いました。正直、Apple Watch自体は前のモデルのSeries6も使っているし、長年使ってきているので、それ以外は特に新鮮味はありませんでした。今回はステンレスにしたかったので、新色のスターライトも試せませんでしたので、せめてバンドだけでもスターライトにしておきました。

Series6とSeries7の一番の違いはディスプレイが大きくなっていることですが、それによりSeries7専用の文字盤が新しくできています。インパクトがあるのは「輪郭」文字盤ですが、コンプリケーションが少なく、実用度は低いかもしれません。太くなっている文字を見て、大体何時かわかるようになっています。何時何分か見るには結局、長針を見なければなりません。 

あと、充電器が急速充電のものに変わったようですが、充電が遅くても特段問題ないと思っていますので、新しい充電器はリセールのために開封せずに置いておくこととします。

Apple Watch遍歴

Apple Watch は初代から使っていますが、毎年買い換えている、というわけでもありません。古くなったものはヤフオクで処分していますが、たまに2台体制にしたり…などいろいろです。

ここらで自分のApple Watch遍歴をまとめておかないと忘れそうなので、重い腰をあげて整理することにしました。いつ買ったかは、オンラインサイトの注文履歴か、実店舗で購入したものはマネーフォワードの履歴で、いつ処分したかはヤフオクの履歴などで確認できました。

黄色のセルは概ね各モデルが販売されていた時期です。赤い棒は僕が持っていたモデルです。

Apple Watch(初代)42mm

発売日に買うつもりでしたが、発売日の予約に勝てず、ゴールデンウィークごろの購入となりました。記録によれば2015/5/7に新宿のビックロで86,400円で購入しています。ステンレスモデルで高かったので、なるべく長く使おうと思い、Series2購入後も併用し、Series4が発売されるまで使っていました。3年7ヶ月後の2018年12月にヤフオクで売却できています。

Apple Watch Series 2 Nike+ 38mm

Series2は2016年9月の発売でしたが、特にすぐに買うということはせず、年明け2017年1月末頃に2台目としてNike+モデルを買い足しました。ビジネスシーンは初代のステンレスモデル、スポーツシーンやカジュアルシーンではアルミのNike+モデルと使い分けていました。

2台持ちのメリットは、片方使用中に、もう片方は充電できるので、うっかりバッテリー切れになることがないです。

ランニング用に小さな38mmモデルを選びましたが、初代の42mmモデルとバンドの互換性がないので大きさを揃えておけば良かったなと思いました。約2年後にヤフオクで処分しました。

Apple Watch 4 ステンレスモデル 44mm

Series3をスキップした後、さすがに初代はもう買い換えようと思い、Series4の発売直後、2018/10/1にApple Store Onlineで購入しました。Series5もスキップしたので、Series6が出るまで約2年使いました。

Apple Watch 4 Nike+ 40mm

理由は忘れましたが、ランニング用の方も2019年6月にビックカメラで買い換え、Series4のステンレスとSeries4のアルミの2台持ちとなりました。Series6が出るまで約1年半使い、ヤフオクで処分しました。

Apple Watch 6(アルミ)40mm

この時はあまり高いものを買いたくなかったので、アルミモデルにしましたが、アルミモデルならウォッチフェイスの多いNike+モデルにすべきでしたが、普通のアルミを買ってしまいました。Series4は両方処分したので、Series7を買うまでは1台体制に戻しました。今後はSeries7と2台体制とするつもりです。

関連記事