iTunesカードキャンペーン コード割り増し率が上昇,一時的か継続されるのか…

IMG_3443

iTunesカードがコンビニ・家電量販店などで販売されていますが,定期的なキャンペーンイベントとして,割引またはコード増量などが実施されています。

以前は2割〜3割引程度の時代もありましたが,最近は1割引または1割増量(実質割引約9%等)のパターンばかりでしたが…なぜか先週から今週にかけて,少し割増率が上昇しました。

2015年秋のiTunesカードキャンペーン

それは,3000円のカードを買うと,500円コードプレゼントというキャンペーンでした。3,500円分のコードを3,000円で買えることになりますので,1-3,000/3,500=0.14285 つまり,14.3%Offとなります。3,000円以外のカード,例えば1,500円や5,000円,10,000円やバリアブルカードは対象外です。また一人5枚までのようです。
今まで長いこと低率のキャンペーンだったのに,なぜ今回は少し上昇したのでしょうか?

間違っているかもしれませんが,私は以下のように推測しました。

  • iPhone6Sシリーズの発表により2015年第4四半期(7〜9月期)の決算が好調だったから
  • 今月末に新しいApple TVが発売され,新たなApple TVアプリや動画配信などを使う顧客獲得のため
  • 10,000円などのカードが対象でなく,3,000円だけということから,特にヘビーユーザーよりもライトユーザーを多く獲得したい。

私もNetflixを払うために2枚購入してきました。Netflixは普通にクレジットカードで払うと真ん中のHDプランで税抜き950円(税込み1,026円)ですが,iPhoneやApple TVから支払うと1,050円と若干高くなりますが,iTunesカードから払うことができます。上記の割引率を考えると,1,050×0.857=900円となります。
同様に,iTunesカードのプリペイドをストックしておくと,Appleミュージックのサブスクリプションにも割引を効かせることができます。

今回のような14%Offが今後も継続されるのか,それとも今回だけでまた9%Offに戻るのかはわかりませんが,前者に期待しましょう。

キャンペーン実施ストア

関連記事