THETA使いなら読むべき「パーフェクトガイド」おまけのVRスコープがすごい。

THETAを使うと実際のところ,どんな写真が撮れるのか…という疑問があると思います。Web記事でもわかるとは思いますが,この本にはいろんな作例の大きな写真があり,とても分かりやすいです。自分もこんな写真が撮れるのかと期待が膨らみます。

ハコスコのようなVRスコープ

付録として,紙製で折って作れるVRスコープがついてきます。最近Backspace.fmでも話題に出てきたハコスコと同様なものでしょう。

VRスコープは,撮影した全天球画像をアプリで表示させて使用します。表示モードを変更するため,下のアイコンをタップします。

次の画面で「VRビュー(二眼)」を選びます。

左右に似たような画像が表示されます。立体視のため少しずれて表示されているものと思われます。この時点で,iPhoneの傾きに追従して画面が動くようになっています。

IMG_3538

で,組み立てたVRスコープの中に入れて,レンズを両目に合わせてのぞき込めば立体視が可能です。いうほど立体感はなかったけど…

上記の全天球画像はこちら↓

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA