ロングセラーアプリ!なぞって消せるTouchRetouch

最初にこのエントリーを書いたのはもう6年前(2010年6月23日)で、その時使ってたブログサービスにあげた画像はとっくにリンク切れとなってしまっていました。
久しぶりに発見し、使ってみたのでその時の記事をベースに復活させました。

Touch Retouch

当時、ブログのレビューなどでなくiTunesストアでこのアプリを発見しました。6年前ですからまだiPhone3GSの頃でしょうか。2010年6月9日にバージョン1.0がリリースされ、約半月後には有料アプリで1位となっていました。
現在確認したところ、バージョン3.3.1が2015年10月7日にアップデートされ、2016年6月19日現在、有料アプリランキングではまだ19位で残っています。スゴイ。

当時の記事によれば、僕が購入した時は115円でした。現在は240円となっているようです。

何が出来るのか

撮影した写真に邪魔なものが写っていたときに、タッチで範囲を決めて周りの背景に合わせて消してくれるソフトです。

昨日、たまたま東京タワーの近くに行ったので、iPhone6で適当にパシャリ。

東京タワー

帰ってからカメラロールで確認したら右上に別の建物の角が入ってる…

そういえば、こんなのを消せるアプリがあったなと思い出し、再ダウンロードして立ち上げました。

Touch Retouch 起動画面

画像を選択する画面ですが、通常は既に撮ったカメラロールから選ぶことになると思います。チュートリアル動画もあるようです。

TouchRetouch 写真の選択

カメラロールの写真から取り込むときの解像度を選択します。きれいな仕上がりにするためにオリジナルを選択しておけば良いと思います。

TouchRetouch 解像度選択

下の手のひらマークのモードでパン・ズームなどができます。

Untitled

今回は縁の取り残しがないよう縮小します。

TouchRetouch編集中

投げ縄モードに切り替えます。

Untitled

消したい部分をなぞって囲みます。

TouchRetouch編集中

消したい部分として指定した範囲が赤く塗りつぶされます。

TouchRetouch編集中

消したい範囲が決まったら、下の三角のボタンで処理を開始します。

TouchRetouch編集中

処理完了!

TouchRetouch編集中

レタッチが終了した画像は、再度カメラロールにもどします。僕の場合ですが、iCloudだけでなくFlickrにも自動的にアップロードされます。
レタッチ画像はこちら

東京タワー レタッチ後

最初から建物なんかなかったように違和感ありません。

昔,電線共同溝の仕事をしてたとき,電柱や電線がなくなるとこんなに開放感のある町並みになりますって写真を苦労してレタッチしてたのに,このアプリを使うとこんなに簡単にできてしまいます。

6年前の購入時の感想ですが「115円の有料アプリですが,個人的にはまあ350円くらいまでなら買ってもいいかな。。。でも115円としたことで350円の場合の3倍以上は売れると思う。」

関連記事

“ロングセラーアプリ!なぞって消せるTouchRetouch” への2件の返信

  1. これどう言う仕組みなの?
    なんで電柱とかマンホールを認識するの?
    凄いね~・・

  2. 消す範囲ぐらいは指でなぞるんで,自動認識はしないっす。
    周りの色を適当に反映させるんでしょうね。。。

コメントは受け付けていません。