OS X Yosemite 10.10.3アップデート後にFinderが重くなる現象について対処してみました。

yosemite problem ec

最近、OSXのFinderで、フォルダの中身が表示されなくなったり、表示にかなり時間がかかるなど、いわゆる「重い」と呼ばれる症状になってしまいました。

とりあえずDockのFinderアイコンをOption+右クリックで「再度開く」で対処していましたが、効果があったりなかったり…

抜本的な対策が必要と思い、その原因を調べてみました。

OS X 10.10.3 Yosemiteが4月9日にリリースされて以降、10台ほどのMacをアップデートしたところ2,3台のMacでFinderが重くなる(CPUに負荷がかかる)現象が発生し、調べてみたところApple Support Communities[1, 2, 3]やTwitter, Mac系サイト[1, 2, 3, 4]で報告されていたので、いくつか対処法をまとめました。
出典:Appleちゃんねる

こちらの記事の中では3パターンの方法が示されていましたが、僕のMacBookでは、2番目の「Finderの設定ファイル”com.apple.finder.plist”」で対処ができました。

こちらの記事にしたがって、ターミナルを起動し、以下をコピペして実行しました。

実行したとき、自動的に再起動したのでびっくりしましたが、 sudo shutdown って入力したので、その通りとなったようです。

デスクトップにコピーされたcom.apple.finder.plistは削除して差し支えないようです。

Finderのいろんな設定が初期化されてしまいますが、「重い」症状はちゃんとなくなっていました。

一回実行したあとも再発するのかどうかはわかりませんが、そうなったときのため備忘録として残しておきます。

関連記事