Nike+ Apple Watchはこんな感じ

これまで Nike+ 関連のガジェットはほとんど試してきましたが,Apple Watchにも自動的にインストールされていたので,せっかくなので試してきました。

準備

Apple Watchを腕に付けるのはもちろんですが,ペアリングしたiPhoneも持っていかなければなりません。スパイベルトに入れて背中につけることに。

スタート

Apple WatchのAppレイアウトからNike+を起動します。iPhoneの方でもアプリが立ち上がるはずなので,少し時間がかかります。

赤い丸をタップすると,カウントダウンが始まりスタートできます。簡単ですね。

IMG_3254

ランニング中の表示

iPhone側のApple Watchアプリの設定「一般」で「手首検出」をオンにしておくことで,通常は手首を上げたときに画面が表示されます。そのとき「手首を上げたときの動作」の設定では「文字盤を表示」「最後の操作を再開」を選べますが,「最後の操作を再開」にしておくと,走っている間も時計に戻らずNike+アプリの情報を確認できます。

  

画面を表示させたあと,タップするとトグルで表示が「距離」「ペース」「経過タイム」に切り替わります。

 

横にスワイプすると,音楽再生関連,マップに切り替わります。音楽ファイルはApple Watchにインストールしてないためか,上のような表示に。

マップは現在地を表示するだけで,走ったルートまではわからないようです。そのうちバージョンアップで改良されるといいかも。

ランを一時停止すると上のような表示に。ランニング中のペースは瞬間的なペース,停止時はその時点までの平均ペース(だと思います。)

iPhoneのNike+アプリ側の設定で「オートポーズ」をオンにしておくと,信号待ちで自動的にランを「一時停止」してくれます。

Apple Watchでコントロールしていても,結局iPhoneでNike+アプリを使っているのと同じことなので,これらの設定はすべて反映されます。もちろん音声フィードバックも流れます。

ランニング終了

Apple Watchをプレス(画面を強く押す)すると上のようなメニューが出て,「終了」「一時停止」「音楽を変更」することができます。

 

終了すると,走行距離,走行ルートのイメージが表示され,下の方へスワイプ(またはデジタルクラウンを回す)すると,ランの詳細な情報が表示されます。

 

その後,またスタートの画面に戻りますが,スタート画面で横にスワイプすると,友人の中での月間走行距離ランキング,直近のアクティビティを表示することができます。

アップデート期待

Apple Watchで心拍数が取得可能ですが,Nike+アプリの動作中は記録されませんでした。現時点ではAppleがサードパーティーに心拍数データの利用を制限しているらしいですが,今後変更されるかもしれません。

Apple Watchの加速度センサーにも対応してくれるといいですね。その場合はGPSルートは記録されず,Nike+iPod nanoと同じレベルの精度になりますが,その程度でもいいからiPhoneを持って走りたくない!という人もいると思いますので…

関連記事