富山ブラックを食べてきた

中華そば(並) 西町大喜 とやマルシェ店

仕事で富山に行く機会があったので,まだ食べたことのない富山ブラックを食べてきました。

富山ブラックとは?

昔はこんなラーメンなかったよな…と思って調べてみたら,その歴史はこんな感じだそうです。

富山ブラックの歴史は古く、誕生したのは1955年頃とされています。
終戦後の復興で働く労働者の塩分補給として、濃い醤油味のラーメンを作ったのが誕生した理由とのこと。
終戦後当時の食堂ではお弁当の持ち込みが許されており、富山ブラックをおかずにご飯を食べていたそうです。

その後、2000年頃からネットを通じて県内の比較的黒いスープのラーメン屋が話題となり「富山ブラック」として徐々に浸透していきました。
もともと塩分補給を兼ねた味付けということで、スープは濃厚。
さらに大量のコショウをかけて食べるスタイルが一般的でとてもスパイシーなラーメンです。
麺も太ちぢれ麺で食べ応えバッチリ!
私の個人的なオススメは、ニンニクをプラスすることです。
より風味が際立ち、ほのかな苦みが出るので「大人の味!」といった美味しさが楽しめます。
出典:富山のご当地ラーメン特集 ウィッキィとやま

注文してみた

仕事も終わり帰りの新幹線まで時間があったので,おなかのすき具合は中途半端でしたが,せっかくなので富山ブラックを食べることにしました。

検索すると,富山ブラックでは最も有名な店と思われる「西町大喜」が駅ナカのお土産屋さん「きときと市場 とやマルシェ」内にあるとわかったので入ってみました。

ビールも飲みたかったのですが,そのような店ではないらしく,メニューには,中華そば(小,大,特大),ライス,おにぎり,生玉子だけ…でした。

ビールは帰りの新幹線内で我慢することにして,中華そば(小)を頼んだところ,「ライスはいかがなさいますか?」と聞かれましたが,後でビールを入れる場所のために「いえ結構です キリッ」と断りました。

しかしながら,これが失敗でした。噂通り,黒いスープはとても塩っぱく,「やっぱりご飯も頼めば良かった…」と少し後悔。写真の通り,チャーシュー,メンマ,ネギのトッピングと黒いスープに隠れてあまり麺は見えませんが,太い麺でそれほどちぢれは強くない感じ。

終戦後の復興で働く労働者の塩分補給のためだそうですが,現代社会の生活習慣病で塩分を気にする中年にはどうなんだろう?と思いつつ,まぁ,今日は5kmほど歩いたからいいか…と自分を納得させることに。

関連記事