【備忘録】ゲオ宅配レンタルの送料について

音楽・映画などのコンテンツに対して、気に入ったものはなるべくディスクを買うようにしています。しかしながらコストを考慮すると、何でもかんでも買うわけにはいかないので、優先度を考慮してiTunesなどで購入するか、レンタルと使い分けています。

昔は楽天レンタルを使っていましたが、とっくにサービスが終了しましたので、今はゲオの宅配レンタルを使っています。

ストリーミングサービスなども併用して完全にネットに依存することも考えられますが、すべてのコンテンツが得られるわけでもないので、物理的なレンタルに頼らざるを得ない場合があります。ゲオのレンタルにもない場合は、ヤフオクなどで探さないと見つからない場合もありますね。

ゲオの宅配レンタルは枚数によって送料が変わりますので、何枚借りるのが送料的に得するか、整理してみました。

# 10%の消費税込みに修正しました(2019/1/4)
# 下にExcelオンラインのテーブルを埋め込んでいますが、企業や学校のフィルタリングによっては見えないかも知れません。

送料は7枚まで319円、16枚まで528円、20枚まで616円となっており、基本的に多く借りる方が1枚あたりの送料は安くなります。
(消費税8%時代と比べて、単純に消費増税分のみアップしており、便乗値上げなどは行われなかったようです。良かった!)

ただし、上のテーブルのように1枚当たり送料は、7枚と8枚で逆転、16枚と17枚で逆転となっています。
借りたい枚数が8枚〜11枚の場合は、7枚に抑えるか、他に探して16枚まで増やすのが良いでしょう。
同様に借りたい枚数が17〜18枚の場合は、16枚に抑えるか、増やして20枚借りるのが有利となります。

関連記事