Nike+ が10年目のリニューアル!

run20160824
アップデート記念に皇居ランニング

最近はもうApp Storeは自動更新にしているので、ホーム画面のアイコンが変わっていることで気がつきました。
Nike+がサービスインしたのは米国などで2006年夏、日本では2006年10月下旬と覚えていますので、ちょうど10年が経ちましたね。このブログをはじめたのもそれがきっかけでしたので、ペースも緩急あり形はいろいろ変えてきましたが、このブログももうすぐ10年ということになります。

新しいNike+は名称も”Nike+ Run Club”と変更され、SNS要素が入ってきているようで、タイムライン、写真を付けてシェアなどFacebookやInstagramなどを意識しているような感じ。
それらは使いこなしていないので、この新しいNike+も慣れるのに時間がかかりそうですが、なんとかついて行きたいと思います。

改悪点かな?と思うのは、Apple Watchの加速度計がNike+ギアとして加わり、iPhoneを持たずともランニングを記録できるようになりましたが、逆にこれまで出来てた「iPhoneのGPSを利用してルートを記録しながら行うランニング時にApple Watchと連携してタイムやペース確認を行う」ことができなくなったような…(違ってたらすみません、これからよく調べてみます。

最近はジムのトレッドミルで走るだけでしたが、リニューアルアップデート記念に皇居ランニングをしてきました。今後はマイコーチ機能やイベントなども使ってみようと思います。

ロングセラーアプリ!なぞって消せるTouchRetouch

最初にこのエントリーを書いたのはもう6年前(2010年6月23日)で、その時使ってたブログサービスにあげた画像はとっくにリンク切れとなってしまっていました。
久しぶりに発見し、使ってみたのでその時の記事をベースに復活させました。

Touch Retouch

当時、ブログのレビューなどでなくiTunesストアでこのアプリを発見しました。6年前ですからまだiPhone3GSの頃でしょうか。2010年6月9日にバージョン1.0がリリースされ、約半月後には有料アプリで1位となっていました。
現在確認したところ、バージョン3.3.1が2015年10月7日にアップデートされ、2016年6月19日現在、有料アプリランキングではまだ19位で残っています。スゴイ。

当時の記事によれば、僕が購入した時は115円でした。現在は240円となっているようです。

何が出来るのか

撮影した写真に邪魔なものが写っていたときに、タッチで範囲を決めて周りの背景に合わせて消してくれるソフトです。

昨日、たまたま東京タワーの近くに行ったので、iPhone6で適当にパシャリ。

東京タワー

帰ってからカメラロールで確認したら右上に別の建物の角が入ってる…

そういえば、こんなのを消せるアプリがあったなと思い出し、再ダウンロードして立ち上げました。

Touch Retouch 起動画面

画像を選択する画面ですが、通常は既に撮ったカメラロールから選ぶことになると思います。チュートリアル動画もあるようです。

TouchRetouch 写真の選択

カメラロールの写真から取り込むときの解像度を選択します。きれいな仕上がりにするためにオリジナルを選択しておけば良いと思います。

TouchRetouch 解像度選択

下の手のひらマークのモードでパン・ズームなどができます。

Untitled

今回は縁の取り残しがないよう縮小します。

TouchRetouch編集中

投げ縄モードに切り替えます。

Untitled

消したい部分をなぞって囲みます。

TouchRetouch編集中

消したい部分として指定した範囲が赤く塗りつぶされます。

TouchRetouch編集中

消したい範囲が決まったら、下の三角のボタンで処理を開始します。

TouchRetouch編集中

処理完了!

TouchRetouch編集中

レタッチが終了した画像は、再度カメラロールにもどします。僕の場合ですが、iCloudだけでなくFlickrにも自動的にアップロードされます。
レタッチ画像はこちら

東京タワー レタッチ後

最初から建物なんかなかったように違和感ありません。

昔,電線共同溝の仕事をしてたとき,電柱や電線がなくなるとこんなに開放感のある町並みになりますって写真を苦労してレタッチしてたのに,このアプリを使うとこんなに簡単にできてしまいます。

6年前の購入時の感想ですが「115円の有料アプリですが,個人的にはまあ350円くらいまでなら買ってもいいかな。。。でも115円としたことで350円の場合の3倍以上は売れると思う。」

お薬を飲むのに便利なアプリがあるはず…

いまクスリと書くと誤解されそうなのですが、あくまで「お薬」の話です。

久しぶりに病院へ

行きました。GWあたりから、咳が止まらずのどが痛くてたまらない。しばらく我慢していたけど、ちょっと時間ができたので病院で薬をもらってきました。
しかし3種類もいただいて、それぞれ服用サイクルも違うので面倒そうです。

IMG_2678_556px

食前のものもあれば、食後のものもあるし、夕食後でなく就寝前のものもある。朝昼と就寝前で錠数が違うものもある…
ズボラな僕としては、たぶんちゃんと必要なサイクルで飲むことができないとおもう…

服用チェックや飲み忘れ防止アラートが必要

だと思ったので、きっとそんなアプリがあるはず…と思って探してみたところ、いくつも「お薬手帳」的な無料のアプリがありました。

IMG_2677_556px

検索の最初に出てきたものを試してみましたが、そのサイトのアカウントを作らなければならないとのこと。あまり何でもかんでもアカウントを作るのは面倒なので、すでにアカウントを作成済みのYahoo!のものを使うことにしました。

お薬の服用履歴をアプリで管理! 電子版お薬手帳の登場です。
いつも忘れてしまうお薬手帳も、お手持ちのiPhoneにこのアプリをインストールしておけばもう安心。
飲み忘れの防止、服薬履歴管理がこのアプリひとつで簡単に実現できます!

  1. 期限切れアラート機能
  2. 長くて難しい薬名もかんたん入力
  3. お薬の写真登録で間違い防止
  4. 服薬履歴はカレンダーで確認
  5. 飲み忘れ防止アラート機能
  6. 服用完了チェック
  7. かぞく全員のお薬を管理

ダウンロード・インストールが終わり、起動してみると、全ての機能に対してアカウントも不要、アプリ内には広告もなく好感が持てるものでした。

使ってみた

起動画面

IMG_2680_half

薬の登録

誰が飲むか、いつどのように飲むかなどが登録できます。
自分のだけでなく、小さな子供や介護している親がいる場合などの薬の管理もできて便利そうです。

IMG_2682_half

薬名のところの(i)マークをタップすると、薬の詳細がわかります。提携しているQlifeのサイトの情報のようです。(ここには広告が表示されています)

IMG_2685_half

カレンダー

いつからいつまでどの薬を飲むかがわかります。ただ、ここでは服用チェックはできないようです。

IMG_2684_half

お薬一覧

登録した薬の一覧を見ることができます。
登録画面で登録する薬の画像はiPhoneの標準カメラで「スクエア」で撮ると良い感じです。
同じ薬でも朝昼2錠、就寝前3錠と服用量が異なるので、別々の薬として登録しました。

IMG_2681_half

服用完了チェック

薬を飲んだ後にチェックしておけば、服用管理が可能です。
IMG_2683_half

以前、皮膚がかゆくてもらった薬は決まったペースで飲んだり塗ったりすることができなかったのですが、通知センターでアラートもしてくれるので、これでちゃんと管理できそうです。

IMG_2686_half

Jobs伝記が抽選で当たった!!

Twitterのプレゼント応募,以前はiTunesのソングコードとか当たりましたが,また久しぶりに当たりました。Jobs伝記第1巻の方です。さすがに第2巻の方は外れました。

当たったことは嬉しいですが,第1巻の方はアプリの方で購入済みで積ん読状態,どうせなら第2巻の方が良かったのにと思いつつ,さてどうしよう。家宝としてとっておくか,ヤフオクに出すかw

大晦日なので今年一番役に立ったアプリのレビューでも

またしばらくブログの更新をサボっていました。本業の方が忙しいという言い訳を盾にw ろくに走りもせず,iOSアプリ開発の方も情報収集していた程度で特に進んでいません。来年こそは何とかしたいと思います。

サボってる間もいろいろブログに書くネタはあったとは思いますが,最後に重大ニュース,とかやると今年中に書ききれないので,今年仕事で一番役に立ったアプリを紹介します。端的に言うと,プレゼンテーションの時に使うアプリです。

プレゼンする時って通常はプロジェクターにノートパソコンつないで操作しながらレーザーポインターや指示棒など使って説明を加えたりしますよね。演台がなく立ち位置からパソコンが遠かったり,ヘルプもなく自分で全てやらなければならない場合など,スライドを制御するリモコンが必要です。リモコン付きレーザーポインターなどもありますが,結構な値段がします。それを買うよりもiPhoneユーザーであればそれを代用してくれるアプリがあります。


WindowsPCまたはMac上のプレゼンテーションソフトPowerPointまたはKeynoteをリモートコントロール出来ます。ワイヤレスはBluetoothでなくWi-Fiによって実現しています。有料版と無料版があり,無料版は機能確認的な位置づけで15ページまでのスライドを制御できるようなので,実務に使うためには有料版を導入すべきでしょう。ランチ一食分と思えば安いものです。

ただのリモコンではなく,手元のiOSデバイスの画面でスライドまたはノートを確認できるのがポイントです。ただし,Wi-Fiに関する基礎知識やある程度の英語力がないと使いこなせないかもしれません。

今年は委員会業務やプロポーザル方式のヒアリングなど自分でプレゼンする機会が多かったので,十分に元を取ったと思います。