新しいiPadに期待していること

新しいiPadに期待しているのは,もちろんRetinaディスプレイです。

今月から購読はじめた日経新聞,Retinaになったら,これぐらいのスケールでも拡大しないで快適に読めるのでは?

Discovrシリーズの映画版がMac App Storeに出てたので購入してみたら

当たり前だけど洋画ばっかりで邦画はなかった…

これを機に邦画派から洋画派になろうかな。でもSUPER 8 とE.T.が繋がってないのはどうなんだろ?

ちゃんと映画館でみた洋画って You’ve got mailぐらいなので,懐かしくて今,iPhoneの超字幕で見てます。ストーリーだけ楽しんで全然英語の勉強になってなかったりしてw



Discovr Movies – discover new movies
App

価格:85
ジャンル:エンターテインメント


超字幕 映画で英語は上達する
App

価格:0
ジャンル:教育

Jobs伝記が抽選で当たった!!

Twitterのプレゼント応募,以前はiTunesのソングコードとか当たりましたが,また久しぶりに当たりました。Jobs伝記第1巻の方です。さすがに第2巻の方は外れました。

当たったことは嬉しいですが,第1巻の方はアプリの方で購入済みで積ん読状態,どうせなら第2巻の方が良かったのにと思いつつ,さてどうしよう。家宝としてとっておくか,ヤフオクに出すかw

休みなので久しぶりにiTunesでレンタル

新年あけましておめでとうございます。

正月なので実家に帰省していました。レンタカーを借りて片道約400km程度の旅です。次こそはゴールド免許が欲しいのでスピード違反せずゆったりとしたスピードでの運転でした。借りた車もフィットでそんなに飛ばせないですし。なので行程は渋滞無しで6時間弱,渋滞があると9時間近くとなります。

運転は自分しか出来ないのですが,妻が暇になるのでiTunesで映画を借りてiPadに入れておくことに。妻は大阪国出身なので,自国の映画を入れてあげました。これを見て帰国したくなったでしょうか?

自分は帰宅してからAirPlayを使って40インチテレビで見ました。HD画質なのでDVDよりはるかに綺麗ですね。はるかといえば見どころは綾瀬はるかが揺らしながら走ってるところでしょうかw

大晦日なので今年一番役に立ったアプリのレビューでも

またしばらくブログの更新をサボっていました。本業の方が忙しいという言い訳を盾にw ろくに走りもせず,iOSアプリ開発の方も情報収集していた程度で特に進んでいません。来年こそは何とかしたいと思います。

サボってる間もいろいろブログに書くネタはあったとは思いますが,最後に重大ニュース,とかやると今年中に書ききれないので,今年仕事で一番役に立ったアプリを紹介します。端的に言うと,プレゼンテーションの時に使うアプリです。

プレゼンする時って通常はプロジェクターにノートパソコンつないで操作しながらレーザーポインターや指示棒など使って説明を加えたりしますよね。演台がなく立ち位置からパソコンが遠かったり,ヘルプもなく自分で全てやらなければならない場合など,スライドを制御するリモコンが必要です。リモコン付きレーザーポインターなどもありますが,結構な値段がします。それを買うよりもiPhoneユーザーであればそれを代用してくれるアプリがあります。


WindowsPCまたはMac上のプレゼンテーションソフトPowerPointまたはKeynoteをリモートコントロール出来ます。ワイヤレスはBluetoothでなくWi-Fiによって実現しています。有料版と無料版があり,無料版は機能確認的な位置づけで15ページまでのスライドを制御できるようなので,実務に使うためには有料版を導入すべきでしょう。ランチ一食分と思えば安いものです。

ただのリモコンではなく,手元のiOSデバイスの画面でスライドまたはノートを確認できるのがポイントです。ただし,Wi-Fiに関する基礎知識やある程度の英語力がないと使いこなせないかもしれません。

今年は委員会業務やプロポーザル方式のヒアリングなど自分でプレゼンする機会が多かったので,十分に元を取ったと思います。