デジモノステーションの0SIMは本当に安いのか?他の主要MVNOと料金を比較してみた

ガジェットオタクのみなさん,SIMは何枚契約していますか?

僕はメインのiPhoneはソフトバンク,iPad mini 2(SIMフリー)にFREETEL,そして中古で買ったiPad 4th(au版)にはmineo AプランのSIMを入れています。たった3枚,少ない方ですかね… 以前XPERIAやnexusなど持っていた頃はOCNモバイルONEを最大3回線契約したこともあります。

先月25日に発売され,おそらくもう入手困難なデジモノステーションの付録である’0SIM’ですが,僕ももちろん入手していましたよ!これで現在は4枚目のSIMになります。

Windows 10 mobileでも購入して使おうと思っていましたが,なかなか踏み切れず,今日まで未使用でしたが,契約は2月中にしなければSIMは無効になってしまうらしく,忘れないうちにと思い,FREETELと差し替えてiPad miniに入れることにしました。

既に使用方法など詳細に記事にされたブログなどがあるので,その辺は省略します。
このページでは,僕が既に契約している従量的(階段的?)なFREETEL SIMや固定金額のmineoなどと比較して,どのSIMをどのように使えばお得なのかを考えてみたいと思います。

まずは契約内容に照らして,通信量と支払金額(消費税,ユニバーサルサービス料含む)をプロットしてみました。ここではオプション料金は高いので考慮しないことにしました。
(OfficeオンラインのExcelシートが以下に表示されます。環境によっては表示されないかも)

このように見てみると,0SIMは月間1.4G〜3GB使用する場合(青い線が上に突出している部分)は,割高になるということがわかりました。したがって,0SIMは,500MB未満で無料に抑えるか,1GB未満で500円程度に抑えるのか,または思い切って3GB〜5GBぐらい使い切るのが良いということになります。
いろいろな端末・SIMを組み合わせて使うのであれば,やはり0SIMは1GB未満の使用に抑えるのがよいですね。

逆にテザリングにも使うのでたくさん使いたい,という場面では,10GBまで速度制限のないFREETELがよいでしょう。

月によって,たくさん使うか少ししか使わないかわからない端末の場合は,FREETEL,0SIMの順に有利となります。

ではmineoA(3Gコース)はどのような場合に向くかと考えると,毎月コンスタントに3GB程度使う場合で,3GBをちょっと越えた場合には速度制限が掛かってもいいから料金が上がらないで欲しい場合などでしょうか…

再び増量!OCNモバイルONEが1ヶ月1,100円で2GB!

20140414155553-206S

日本通信に追随したためか,来月,つまり明日から再び増量です。ユーザーにとっては嬉しいところです。
増量される量は下の画像で確認して下さい。

ocn_up

一時期はNexus5用,Nexus7用,iPad mini用と3枚持っていましたが,Nexusを2枚とも処分したので,SIMも1枚に解約してしまいました。
今後,サブでiPhone 6 Plusを買うような場合があれば,またOCNの追加SIMを契約するつもりです。

ブックマークを同期するためにブラウザを統一することにしました

OSデフォルトブラウザ

を使うのが今まで一番いいと思っていました。自宅で仕事以外はMacメイン、サブでiPadを使っていましたのでもちろんデフォルトブラウザはSafariでした。また仕事で使う会社のPCは、会社の基幹システムの縛りがありIEを使っています。

これで特に問題はなかったのですが、最近はAndroidやWindowsタブレットなども使うようになったので、いろんな端末でブックマークを同期したいと思うようになりました。

Xmarksを試してみたけど

僕の用途には向かなかったみたい。以下のように利用してみたけど、

  • Mac上のSafari、iPhone/iPadのSafariはiCloudの標準機能でブックマークが同期される。
  • Mac上のSafariとクラウドのXmarksのブックマークを同期
  • Mac上のChromeとクラウドのXmarksのブックマークも同期
  • Nexsu5/Nexus7のChromeはGoogleアカウント経由で同期される。
  • PCのIEとXmarksも同期

これで使用する全ての端末のデフォルトOSのブラウザのブックマークが同期できると思っていましたが、結果はいろんな端末との同期がうまくいかず、なぜかブックマークやフォルダが重複して増殖しまくってしまいました。これの解決方法もググって試してみたけど、それもうまくいかず諦めることに。

またこれがうまくいったとしても、Mac/iPhoneのSafariでブックマークを追加した場合、それをNexusで見るには、MacのChromeもいったん起動しておいてGoogleアカウントに同期させる一手間も必要でした。

解決方法は

結局、あらゆる端末で簡単にブックマークを同期させることができるのは、すべての端末で利用できるChromeのみ使えば良いという結論に至りました。
なので、所有端末のデフォルトブラウザをChromeにしたいのですが、iOSのデフォルトブラウザを変更するのはJailbreakが必要なので諦めることに。一方、MacはSafariの環境設定で簡単に変更ができることがわかりました。

SS_2014-05-05_9.49.35_556px

(いろんなブラウザが見えますが、Parallelsを入れているせいです)

Appleのソフトウェア/サービスはAppleのデバイスだけを使う場合は便利なのかもしれませんが、他社製のデバイスで使えないのはちょっと不便ですね。例えば電子書籍では、Google PlayブックスはiPhoneでも読めるけど、iBooksやNewsStandはNexusでは読めません。Google Play ミュージックとiTunesも同じですね。

その他の手段

後で読む機能がメインですが、Pocketをクラウドブックマークとして使うことも考えました。
でも現時点では、Pocketでのブックマーク管理にはフォルダの概念がなく、似たような概念としてタグがありますが、使いにくそうなのでやめておきました。

Apple Store オンラインストアの初売りが値引きでなくギフトカード還元に

あけましておめでとうございます。

今年もラッキーバッグに並ぶかどうか迷ったあげく、やはりやめることにしました。
当たる確率がかなり低く、外れれば欲しいものが入っている可能性も低いと思われるので…
さて、先ほどメールが届いたので、Apple Storeをのぞいてみたら、見たことのない赤い帯が…どうやら去年までの割引方式でなく、ギフトカード方式になったようです。
まぁこれを嘆いてもしょうが無いので、欲しいものが安くなっているかどうかチェックしてみます。
iPad mini Reteinaが安くなっていれば買おうと思っていたんですけど…

Apple Store 初売りの還元率のチェック

サードパーティ製のものも対象となるようですが、きりが無いのでApple製品のみ。なお、Mac miniとMac Proは対象外のようです。

  • iPad Air Wi-Fi 16GB 51,800 -> 7,500 14.5%
  • iPad mini Retina Wi-Fi 16GB 41,900 -> 2,500 6.0%
  • iPad2 Wi-Fi 16GB 39,800 -> 5,000 12.6%
  • MacBook Air 11インチ最安モデル 98,800 -> 15,000 15.2%
  • MacBook Pro Retina 13インチ最安モデル 134,800 -> 15,000 11.1%
  • MacBook Pro 無印 13インチ最安モデル 118,000 -> 15,000 12.6%
  • iMac 21.5インチ最安モデル 138,800 -> 15,000 10.8%
  • iPod touch 32GB 29,800 -> 5,000 16.8%
  • iPod nano 16GB 14,800 -> 2,500 16.9%
  • Apple TV 10,400 -> 2,500 24.0%
  • AirMac Extreme 19,800 -> 5,000 25.2%
  • AirMac Time Capsule 2TB 29,800 -> 5,000 16.8%

15%以上の還元を緑、20%以上の還元を赤、逆に10%以下の還元を青で表示しました。
同じ製品で容量など仕様が異なる場合でも還元額は同じようですので、最も安いものを載せています。あと1万円を切るAir Mac ExtremeとiPod Shuffleも対象外のようです。iPod classicも対象外でしたが、もうあまり売る気がないのかもしれませんね。
iPad mini Retinaは発売されたばかりで還元率が低く強気の姿勢ですね。在庫の問題かもしれませんが。

サードパーティー製

全てをチェックしきれないのですが、たまたま目にとまったもののうち、買いたいと思っていたものがありましたので、Airの方をカートに入れました。

  • Logicool Ultrathin Keyboard Cover for iPad mini 7,980 -> 2,500 31.3%!!
  • Logicool Ultrathin Keyboard Cover for iPad Air 10,800 -> 2,500 23.1%
Apple Store

無料
(2014.01.04時点)
posted with ポチレバ

多形式ファイルに対応、柔軟なコントロールのAVPlayerHDをついに導入

撮影したものや購入したもの、合法的な範囲でダウンロードしたものなど手持ちの動画ファイルをiPhoneやiPadで見るとき、これまでは手間をかけてもmp4ファイルに再エンコードして、iTunesで管理して標準の「ビデオ」アプリで見ていましたが、やっぱり再エンコードするのは手間も時間も無駄なので、サードパーティー製のビデオ再生アプリを導入もしていました。結構前からiPhone版のAVPlayerと無料のVLCを使っていましたが、AVPlayerHDも追加購入しました。

まずは無料のVLC

VLC for iOS
カテゴリ: 写真/ビデオ
現在の価格: 無料

いいところ

  • 無料、iPhone/iPadユニバーサルアプリ
  • ほとんどの形式に対応(WMV, RM, MP4, MPEG, M2TS/TS, AVI, OGV, MKV, WebM, FLV)
  • DropBox, iTunesでシンクロ

イマイチなところ

  • 細かな再生コントロールができない

有料のAVPlayer

結構前から買うかどうか迷っていたけど、どうせ買うなら価格改定前の250円の時に買えば良かったけど、冷静に考えるとたいした金額ではなかった…

AVPlayer (無エンコード 字幕 再生速度調節)
カテゴリ: エンターテインメント
現在の価格: ¥300
AVPlayerHD (無エンコード 字幕 再生速度調節)
カテゴリ: エンターテインメント
現在の価格: ¥300

いいところ

  • VLCではできないスワイプで早送り・巻き戻しなど再生コントロールが可能。
  • VLCで再生できるものはほとんど再生できる。

イマイチなところ

  • 有料は致し方ないが、せめてユニバーサルアプリに…

おすすめ設定

デフォルト設定から変更した設定です。

  • あまり使わないかもしれないけどTV出力の解像度はフルHDに
  • アプリを切り替えるた時に再生を止めて欲しいので、マルチタスクは使用しない。
  • 横方向に固定する。(お好みで)

IMG_0028_556px
IMG_0029_556px

  • 画面サイズ変更する必要はないのでダブルタップは再生/一時停止に変更
  • スワイプで送る・戻るは、3秒, 5秒, 10秒, 30秒, 1分, 5分から選べます。デフォルトでは左スワイプで10秒戻り、右スワイプで10秒送りでしたが、ちょっと送って送りすぎたら少し戻す、というふうにしたいので、5秒戻しと10秒送りに変更。(本当はBDレコーダのように10秒戻しと15秒送りぐらいにしたかったけど15秒が設定できないので。)
  • 二本指スワイプはさらに大きく送る・戻るをできるように。

IMG_0031_556px
IMG_0032_556px