Nike+ が10年目のリニューアル!

run20160824
アップデート記念に皇居ランニング

最近はもうApp Storeは自動更新にしているので、ホーム画面のアイコンが変わっていることで気がつきました。
Nike+がサービスインしたのは米国などで2006年夏、日本では2006年10月下旬と覚えていますので、ちょうど10年が経ちましたね。このブログをはじめたのもそれがきっかけでしたので、ペースも緩急あり形はいろいろ変えてきましたが、このブログももうすぐ10年ということになります。

新しいNike+は名称も”Nike+ Run Club”と変更され、SNS要素が入ってきているようで、タイムライン、写真を付けてシェアなどFacebookやInstagramなどを意識しているような感じ。
それらは使いこなしていないので、この新しいNike+も慣れるのに時間がかかりそうですが、なんとかついて行きたいと思います。

改悪点かな?と思うのは、Apple Watchの加速度計がNike+ギアとして加わり、iPhoneを持たずともランニングを記録できるようになりましたが、逆にこれまで出来てた「iPhoneのGPSを利用してルートを記録しながら行うランニング時にApple Watchと連携してタイムやペース確認を行う」ことができなくなったような…(違ってたらすみません、これからよく調べてみます。

最近はジムのトレッドミルで走るだけでしたが、リニューアルアップデート記念に皇居ランニングをしてきました。今後はマイコーチ機能やイベントなども使ってみようと思います。

デジモノステーションの0SIMは本当に安いのか?他の主要MVNOと料金を比較してみた

ガジェットオタクのみなさん,SIMは何枚契約していますか?

僕はメインのiPhoneはソフトバンク,iPad mini 2(SIMフリー)にFREETEL,そして中古で買ったiPad 4th(au版)にはmineo AプランのSIMを入れています。たった3枚,少ない方ですかね… 以前XPERIAやnexusなど持っていた頃はOCNモバイルONEを最大3回線契約したこともあります。

先月25日に発売され,おそらくもう入手困難なデジモノステーションの付録である’0SIM’ですが,僕ももちろん入手していましたよ!これで現在は4枚目のSIMになります。

Windows 10 mobileでも購入して使おうと思っていましたが,なかなか踏み切れず,今日まで未使用でしたが,契約は2月中にしなければSIMは無効になってしまうらしく,忘れないうちにと思い,FREETELと差し替えてiPad miniに入れることにしました。

既に使用方法など詳細に記事にされたブログなどがあるので,その辺は省略します。
このページでは,僕が既に契約している従量的(階段的?)なFREETEL SIMや固定金額のmineoなどと比較して,どのSIMをどのように使えばお得なのかを考えてみたいと思います。

まずは契約内容に照らして,通信量と支払金額(消費税,ユニバーサルサービス料含む)をプロットしてみました。ここではオプション料金は高いので考慮しないことにしました。
(OfficeオンラインのExcelシートが以下に表示されます。環境によっては表示されないかも)

このように見てみると,0SIMは月間1.4G〜3GB使用する場合(青い線が上に突出している部分)は,割高になるということがわかりました。したがって,0SIMは,500MB未満で無料に抑えるか,1GB未満で500円程度に抑えるのか,または思い切って3GB〜5GBぐらい使い切るのが良いということになります。
いろいろな端末・SIMを組み合わせて使うのであれば,やはり0SIMは1GB未満の使用に抑えるのがよいですね。

逆にテザリングにも使うのでたくさん使いたい,という場面では,10GBまで速度制限のないFREETELがよいでしょう。

月によって,たくさん使うか少ししか使わないかわからない端末の場合は,FREETEL,0SIMの順に有利となります。

ではmineoA(3Gコース)はどのような場合に向くかと考えると,毎月コンスタントに3GB程度使う場合で,3GBをちょっと越えた場合には速度制限が掛かってもいいから料金が上がらないで欲しい場合などでしょうか…

10日の深夜はiPhoneの通信量をリセット

Softbankの締め日は10日,20日,月末といろいろあるようですが,僕は10日なので,先ほど通信量をリセットしました。

この1ヶ月は約3.5GBと,7GB制限の半分しか使うことができませんでした。結構無駄遣いしたと思うのですが,なかなか使い切ることができずもったいないですね。次の契約ではMVNOに移行すべきでしょうか。

通信量のリセット方法

iPhoneの「設定」−「モバイルデータ通信」の画面で一番下の青い文字「統計情報のリセット」をタップするだけです。

これで「モバイルデータ通信の使用状況」の「現在の期間」の値がリセットされます。

再び増量!OCNモバイルONEが1ヶ月1,100円で2GB!

20140414155553-206S

日本通信に追随したためか,来月,つまり明日から再び増量です。ユーザーにとっては嬉しいところです。
増量される量は下の画像で確認して下さい。

ocn_up

一時期はNexus5用,Nexus7用,iPad mini用と3枚持っていましたが,Nexusを2枚とも処分したので,SIMも1枚に解約してしまいました。
今後,サブでiPhone 6 Plusを買うような場合があれば,またOCNの追加SIMを契約するつもりです。

iPhone 6機種変後,旧機種をソフトバンクの下取りに出しました

a0001_011708_m

今までは機種変してもしばらくキープしているか,ヤフオクで出品していましたが,今回はソフトバンクの「タダで機種変更キャンペーン」を使ってみることにしました。

僕が下取りに出したのは,iPhone 5です。iPhone 5sならヤフオクでもっと高く処分できるかもしれませんが,iPhone 5はもうそんなに高く処分できないと思ったからです。でもこのキャンペーンはiPhone 5でも32,400円も下取りしてくれます。

スクリーンショット_2014-09-28_13_01_13

下取り額は,2年間の間に分割で支払額から割引してもらうか,Tポイントを一括で還元してもらうかです。Tポイントでたくさんもらっても,あまり使い道がなさそうで,ファミマでなんか無駄使いして終わりになりそうなので,通信料からの割引を選択しました。なので,この契約は2年間はキープしないと損してしまいます。

ソフトバンクで機種変を考えていらっしゃる方は多いと思いますので,参考にしてください。

下取り手続き手順

綺麗にしてIMEIを確認してから初期化する

査定があるので一応綺麗にしておきます。
IMG_0080 IMG_0083

角に少し傷が残っていましたが,ちょっとぐらいの傷ならOKのはずです。下取りできない条件はソフトバンクのサイトによると以下の通り,電源が入らないなど使えない場合か画面の一部に複数のひびわれとなっています。
スクリーンショット 2014-09-28 13.21.41

書類に記載する必要があるので,IMEI番号を確認してから初期化します。IMEI番号は「設定」ー「一般」ー「情報」の真ん中より少し下に記載されています。

書類を作成する

確認したIMEIをiPhone6購入時に店舗でもらった書類に記載します。
IMG_2821

梱包して集荷を依頼する

少し後に届いた返却キットを使って梱包します。
まず,プチプチの袋に入れますが,本体のみで,箱やケーブル,イヤホンなど消耗品は必要ありません。
IMG_2822

箱に入れます。説明を読み直すと,書類もプチプチの中に入れろとのことなので入れ直しました。
IMG_2825

箱を閉じて,封印シールで閉じ,伝票を貼り付けます。
IMG_2826

電話で集荷を依頼します。このページで最寄りの営業所の連絡先を調べて依頼しました。

まとめ

旧機種をキープして3.24万円以上の価値のある使い道がある人は出さなくてもいいでしょう。実際,僕の4Sはドックスピーカーで音楽再生専用でがんばっています。
今までのキャンペーンはただで再契約させられたりと,あまりいいものではありませんでしたが,今回は良い方に改善されたのではないでしょうか。
またこの恩恵をフルに受けるには2年間の契約が必要です。万一,次の年の新機種が欲しくなったらSIMロックフリーを購入し格安SIMでサブ運用するつもりです。