冷静に考えると… iTunes Matchは要らなかったかも…

一応無事完了しました

自分のライブラリのiTunes Matchの初期設定がようやく終わりました。
iCloudの状況別で曲数を見ると、以下の通り。

  • 一致:約1,400曲(CDからリップしたもので、iTunes Storeとマッチしたもの)
  • 購入した項目:約600曲(iTunes Storeで購入したもの)
  • アップロード済み:約1,200曲(CDからリップしたもので、iTunes Storeとマッチせず、アップロードしたもの)
  • 不適格、ローカルのみ、エラー、重複:すべて0曲
  • 合計約3,200曲

SS_2014-05-06_17.26.37_556px

実は僕には向いていないサービスじゃないかと思い始めたわけは、

  • ライブラリが3,200曲ぐらいだったらメイン使用のiPhone5(64GB)にたいてい入るし、機種変でキープしているiPhone 4S(64GB)にはほとんど他のアプリを入れず音楽専用としているのですべての曲が入ってしまう。
  • 母艦のMacBook Pro Retina(256GB)もそれほど圧迫していない。
  • もし母艦の容量を空けるために、ストリーミング中心の運用とした場合、ランニング専用に使用しているiPod nano 6thと音楽の同期ができない。
    (iPod nanoは単体で通信できないため、当然iTunes Matchは対応しておらず、母艦のファイルとシンクするしかないため。)
  • Podcastも聞いているのでそもそも音楽を聴く頻度が少ないかも

ではどんな人が向いているのか

  • ライブラリが1〜2万曲とたくさんありiPhoneなどに入りきらない人で、外で音楽を聴くことが多く、どの曲を入れておくか決めきれない人。
  • iPod nano, Classicなどのレガシープレーヤを使用していない人。
  • メインがノートで、今までiTunesのストレージに外付けHDDを使用していた人など。

上記に当てはまらなくても、iTunesのライブラリをiCloudにおいておけるということは、年3,980円のバックアップになると考えれば、精神衛生的にはいいかも。なので将来的にはもっと自由度を増やしてくれるとありがたいと思います。

Apple Store オンラインストアの初売りが値引きでなくギフトカード還元に

あけましておめでとうございます。

今年もラッキーバッグに並ぶかどうか迷ったあげく、やはりやめることにしました。
当たる確率がかなり低く、外れれば欲しいものが入っている可能性も低いと思われるので…
さて、先ほどメールが届いたので、Apple Storeをのぞいてみたら、見たことのない赤い帯が…どうやら去年までの割引方式でなく、ギフトカード方式になったようです。
まぁこれを嘆いてもしょうが無いので、欲しいものが安くなっているかどうかチェックしてみます。
iPad mini Reteinaが安くなっていれば買おうと思っていたんですけど…

Apple Store 初売りの還元率のチェック

サードパーティ製のものも対象となるようですが、きりが無いのでApple製品のみ。なお、Mac miniとMac Proは対象外のようです。

  • iPad Air Wi-Fi 16GB 51,800 -> 7,500 14.5%
  • iPad mini Retina Wi-Fi 16GB 41,900 -> 2,500 6.0%
  • iPad2 Wi-Fi 16GB 39,800 -> 5,000 12.6%
  • MacBook Air 11インチ最安モデル 98,800 -> 15,000 15.2%
  • MacBook Pro Retina 13インチ最安モデル 134,800 -> 15,000 11.1%
  • MacBook Pro 無印 13インチ最安モデル 118,000 -> 15,000 12.6%
  • iMac 21.5インチ最安モデル 138,800 -> 15,000 10.8%
  • iPod touch 32GB 29,800 -> 5,000 16.8%
  • iPod nano 16GB 14,800 -> 2,500 16.9%
  • Apple TV 10,400 -> 2,500 24.0%
  • AirMac Extreme 19,800 -> 5,000 25.2%
  • AirMac Time Capsule 2TB 29,800 -> 5,000 16.8%

15%以上の還元を緑、20%以上の還元を赤、逆に10%以下の還元を青で表示しました。
同じ製品で容量など仕様が異なる場合でも還元額は同じようですので、最も安いものを載せています。あと1万円を切るAir Mac ExtremeとiPod Shuffleも対象外のようです。iPod classicも対象外でしたが、もうあまり売る気がないのかもしれませんね。
iPad mini Retinaは発売されたばかりで還元率が低く強気の姿勢ですね。在庫の問題かもしれませんが。

サードパーティー製

全てをチェックしきれないのですが、たまたま目にとまったもののうち、買いたいと思っていたものがありましたので、Airの方をカートに入れました。

  • Logicool Ultrathin Keyboard Cover for iPad mini 7,980 -> 2,500 31.3%!!
  • Logicool Ultrathin Keyboard Cover for iPad Air 10,800 -> 2,500 23.1%
Apple Store

無料
(2014.01.04時点)
posted with ポチレバ

『新しいiPad』だと…

なんと新型のiPadは、iPad3でもiPad HDでもなく、『新しいiPad』だと…
しばらくは、旧型になるiPad2と間違えないようにするためだと思うけど、今後はiPodやmacと同じように、機種名に世代を入れないように統一するのでしょうか?だとしたら、次期iPhoneも『iPhone (5th)』みたいになるでしょうね。その方が、常に最新機種を追い続けたい、と思わないようになるかも。
出張移動中に新幹線の中から書いてますが、流石に昨日の夜3時まで起きてられなかったので、今朝、ポチッと行きました。今回もWI-FI White、ただし容量は64GBに増量しました。

ParallelsのためだけにMac SuperBundle Summer 2011を買いました。

MacでたまにWindows使いたい時はとりあえずBootCamp使ってましたが,いちいち再起動かけるのも面倒なので仮想マシンを導入したいと思っていました。Paralles Desktop 6を入れよう,とまでは決めて,できるだけ安く買える場所やタイミングをはかっていました。本家ラネクシーでダウンロードすると8,500円,ビックカメラでパッケージを買おうものなら1万円以上です。

昨日登録してたニュースサイトのRSSでキャンペーン Mac SuperBundle Summer 2011 を知ったのでようやく買う決心がつきました。前にも似たようなのを見たことがあるので,Summerと書いてあるように季節ごとにやってるんでしょうか?

9つのソフトウェアがバンドルされて$300以上のセットが86%OFFで$49($1=78円とすると3,822円!)となっており,Paralles以外のソフトを全く使わないとしても5,000円近くもお得です。昨日の夜ポチッた段階では,先着1,000名に入ったようで,”4Media iPod to Mac Transfer”も付いてきました。

Mac SuperBundle Summer 2011


 iTunes Store(Japan)

シンクされなかったり,センサーを忘れたときのNike+ランデータのアップロード方法(要iPod nano)

最近,この古い記事にアクセスをいただくことがありますが,既に古い情報ですので,昔はこんなこともできたんだというぐらいで見てください。特にリンク先は悪意のあるものに差し替わっているようなので踏まないようにお願いします。

いざ走り始めようとしたときにセンサーとかレシーバを忘れてしまったり,ランデータの保存やサイトへのシンクに失敗したりして,せっかく走ったのにランデータが残らない時って困りますよね? Nike+GPSでも最近のバージョンではシンクが完了したように見えてもサイトへ反映されないということが発生しています。

また,万一センサーのバッテリーが切れたり,iPod nanoが壊れたりなどの場合,修理や買い替えまで記録が残せないことになってしまいます。ペースグラフやルートマップなど詳細な情報は無理としても,チャレンジ,ゴールやコーチのために「いつ,何キロ,何分で走ったか」ぐらいは記録に残しておきたいものです。

ランデータはXML形式のデータなので,必要最小限のデータを作り出すツールは作れそうだと思っていたけど,海外サイトですがすでにあるようなのでわざわざ作るのはやめておきます。ただし,iPod nanoが必要なので,スポバンやiPhoneなどのNike+しか持っていないユーザーはこの方法はできません。(たぶん)

壊れたNike+ランデータファイルの作成

http://nikeplusedit.com/にアクセスして,以下のフォームに必要事項を入力します。

 
nikeplusedit.com

上から順に,

  • ランデータについて
    • スタート時刻 HH : 時 MM : 分
    • 走った日 DD : 日 MM : 月 YYYY : 年(日本と逆順なので右のカレンダーから選ぶのが吉)
  • ランデータの中身について
    • 走った時間 minutes : 分 seconds : 秒
    • 距離 distance : km
    • 体重 Your Weight : kg カロリー計算に必要
    • メールアドレス XMLファイルを受け取るのに必要。スパムが気になる人は捨てアドで

入力が終わったら,下のSend it!ボタンで送信します。

ランデータのアップロード

送信が完了すると,メールがすぐに届くので,添付ファイルを保存します。

保存場所は,接続したiPod nanoの未アップロードランデータを保存しておく“latest”フォルダです。場所は以下を参考にしてください。Mac, Windowsどちらでも可能です。

この図に映っているlastWorkout.xmlをいじっていないので,iTunesで表示されるYour Last Workoutには反映されていませんが,これでiTunesとiPod nanoをシンクさせると,先ほど保存した作成ランデータがアップロードされます。

iTunesでシンク

サイトでRunデータを確認

途中の細かいペースなどを再現して入力はできないので,このように全体で一定のペースとして記録されています。もちろんGPSルートも記録されないし,どのへんでどのような調子だったかなど,あとで振り返ることはできません。

ランをサボった日まで入力するなどはしないよう,あくまで記録できなかったデータのみに使用してください。

まっすぐなグラフ


 iTunes Store(Japan)