iTunes Match の解約方法

a0001_014134_m-2

さて、今回はiTunes Matchを解約することにしたわけですが、その方法はとくに難しくありません。

案内メールにあるように、iOSデバイスからではなく、WindowsやMacなどのコンピュータからiTunesの「アカウント情報」ページにアクセスします。

accountinfo

デフォルトでは「自動的に更新」される設定となっているので、「自動更新をオフ」をクリックします。

off

これだけでOKです。自動的に更新はされない…はずです。

on

クラウドにアップロードした、あるいはマッチした音楽は聴けなくなるので、期限が来る前にすべてコンピュータにダウンロードしておく必要があるのに気をつけて下さい。

iTunes Match 初めての更新時期がキタ!更新する?

a0001_014124_m-2

iTunes Matchを使えば、CDから読み込んだ曲も含め、あなたが持つすべての音楽をiCloudに保存できます。
つまり、どこにいても、どのデバイス上でも、あなたのミュージックライブラリ全体にアクセスして楽しめる、というわけです。
iTunes Matchへの登録は、あなたのMac、Windowsパソコン、またはiOSデバイス上でどうぞ。

メールに書いてあるように、Apple TVでも聴けるんですね、知らなかったです。Apple TVとテレビをHDMIでつないで光ケーブルでAVアンプにつないで聴いてみようかな…

itunes_match_update

メールボックスにこんなお知らせが届いていました。もう一年たったんですね…
一年前にサービスインした初日に加入しました。そのとき支払った3,980円分のサービスですが、そんなに活用しきれてなかったような気がします…

こちらのサービスに関しては、円安の影響は考慮されないんでしょうか?今回も3,980円で良いようです。

僕の結論としては、「また次に必要と思うときが来るまで、中断して更新しない」ことにしました。

仕事や勉強・運動などを除いた自分の自由な時間を何に使っているか、というと、テレビや映画を見る、本や雑誌・マンガを読む、ゲームをする、音楽を聴くなど色々あると思うけど、僕にとっては音楽を聴く時間がそれほど多くないことがあらためてわかりました。

若い頃とちがってそれほど追いかけている音楽・アーチストが多くないことも理由の一つかもしれません。また、音楽を聴くかわりにPodcastを聴く方が多くなっています。

とはいえ、代替案としては、Google Play Music を gMusic2 で聴くという方法をとろうと思います。こちらについても後日レビューしたいと思います。

iTunes Matchを有効活用するために、ライブラリを大きくしよう

僕のライブラリはまだ小さい

マッチし終わったところ、まだ約3,200曲とiTunes Matchの上限25,000曲にはほど遠く小さなライブラリです。

ちょっと前に気になってたアルバムだけど、今日思い出してレンタルしに行くことにしたら、ちょうどGWでTSUTAYAの半額クーポン期間だったので何枚かまとめて借りてきましたので、これらの中で借りて良かったものを紹介します。

JAZZIDA GRANDE

JAZZIDA GRANDE(ジャジーダ・グランデ)はミュージシャンのイケガミキヨシによるソロユニット。2004年にODE MUSIC ENTERTAINMENTよりデビュー。コンポーザー、アレンジャー、トラックメイカー、キーボーディスト、ベーシスト、DJ、音楽プロデューサーなどの肩書きを持つ。

引用 ja.wikipedia.org/wiki/JAZZIDA_GRANDE

i-depやFreeTEMPOがリミックスしてたつながりで知りました。Wikiや公式サイトによれば、2008年以降アルバムが出ていませんが、NEWS ZEROのテーマやBGMを手がけられているそうです。

ファーストアルバム:ジャジーダグランデ

2曲目のリミックス版を聞いたことがありますが、元の曲のなめらかな感じも好きです。
(下のウィジェットで90秒視聴できます。)

セカンドアルバム:Cuore

リミックス版では9曲目のi-depがリミックスしたNot That I’m Asking Forが好きでしたが、元の曲のサビのリズムが意外な感じでした。

ちなみに以前に借りていたリミックス版はこちらです。

冷静に考えると… iTunes Matchは要らなかったかも…

一応無事完了しました

自分のライブラリのiTunes Matchの初期設定がようやく終わりました。
iCloudの状況別で曲数を見ると、以下の通り。

  • 一致:約1,400曲(CDからリップしたもので、iTunes Storeとマッチしたもの)
  • 購入した項目:約600曲(iTunes Storeで購入したもの)
  • アップロード済み:約1,200曲(CDからリップしたもので、iTunes Storeとマッチせず、アップロードしたもの)
  • 不適格、ローカルのみ、エラー、重複:すべて0曲
  • 合計約3,200曲

SS_2014-05-06_17.26.37_556px

実は僕には向いていないサービスじゃないかと思い始めたわけは、

  • ライブラリが3,200曲ぐらいだったらメイン使用のiPhone5(64GB)にたいてい入るし、機種変でキープしているiPhone 4S(64GB)にはほとんど他のアプリを入れず音楽専用としているのですべての曲が入ってしまう。
  • 母艦のMacBook Pro Retina(256GB)もそれほど圧迫していない。
  • もし母艦の容量を空けるために、ストリーミング中心の運用とした場合、ランニング専用に使用しているiPod nano 6thと音楽の同期ができない。
    (iPod nanoは単体で通信できないため、当然iTunes Matchは対応しておらず、母艦のファイルとシンクするしかないため。)
  • Podcastも聞いているのでそもそも音楽を聴く頻度が少ないかも

ではどんな人が向いているのか

  • ライブラリが1〜2万曲とたくさんありiPhoneなどに入りきらない人で、外で音楽を聴くことが多く、どの曲を入れておくか決めきれない人。
  • iPod nano, Classicなどのレガシープレーヤを使用していない人。
  • メインがノートで、今までiTunesのストレージに外付けHDDを使用していた人など。

上記に当てはまらなくても、iTunesのライブラリをiCloudにおいておけるということは、年3,980円のバックアップになると考えれば、精神衛生的にはいいかも。なので将来的にはもっと自由度を増やしてくれるとありがたいと思います。