72時間限定!! インベスターZ 完結記念セール

Amazon KindleでインベスターZの完結を記念したセールが行われています。
なんと最終21巻を除く1〜20巻が各5円、そして1ポイント還元、なんと99%以上Offです!!

過去に1巻から15巻までそれぞれ1円〜15円というセールもやっており(厳密にはバグで7円がぬけてて16円まで、合計129円だった)僕もその時15巻まで買いましたので、今回は16巻から20巻までを25円(ポイント考慮で実質20円)で購入できました。
“72時間限定!! インベスターZ 完結記念セール” の続きを読む

軽井沢シンドローム #読了

IMG_3949

カメラマン・相沢耕平とイラストレーターの松沼純生は、会社を辞め金が底を突いたため、純生の姉・薫が住む軽井沢の別荘へ。
さっそく津野田絵里にフラれた純生をよそに、耕平は薫と関係をもち、自身が初代総長を務めた暴走族「DEEP」と因縁をもつ久遠寺紀子(ノン)とも深い仲に…。
80年代軽井沢を舞台に繰り広げられる無邪気な若者たちの伝説的青春群像!
二代目総長・恩田二郎、喫茶店「ら・くか」のマスター蓑輪貴成と妹のみるく、ノンの親友・木下久美子、そして吉沢まなみなど主要人物が一堂に会する第一巻!

30年も前のマンガですが,koboだと全巻定価の648円のところKindleでセールしていたので懐かしくて全巻ポチってしまいました。

本日(9月2日)現在,1〜3巻が10円,4〜6巻が108円,7〜9巻が324円,合計1,326円ですが,うまい値付けだと思いました。1〜3巻がタダ同然なのにつられて全巻買ってしまう人は多いと思います。これが,もし全巻108円だったら108円×9=972円なのですが,1巻目から買わなかったかも知れません。計算できてませんね…w

ナガサレール イエタテール #読了

2011年3月11日、実家が津波で流された!!! 泣いて笑って建て直す、母娘三代の実録自宅再建エッセイ。
ニコルソンの実家は、宮城県の海沿いの町、山元町。 2011年3月11日、この町を未曾有の大津波が襲った。 「生まれ育った土地に帰りたい」と願う婆ルソンのため、 全壊判定の被害を受けた家の再建を決めた母ルソンとニコルソン。 大工が足りない、お金が足りない、いろんな問題にたくましく立ち向かうニコ家を、更なる激震が襲う……!
◆描き下ろしコラム25ページ&写真多数&あとがきマンガ収録! ◆初版限定☆超豪華応援ペーパー封入! ! ◆16回文化庁メディア芸術祭 審査委員会推薦作品

こちらの読書術の本に紹介されていたので、読んでみました。Kindle Unlimited から探したわけでなく、タイトルで探したのですが、運良くたまたまUnlimitedに入ってました。

絵の雰囲気が独特で、そこは好き嫌いがあるかもしれませんが、実家が流されてから立て直すまでの普通の人は体験できないような体験談です。
ただ、マンガとしてアウトプットしたのはこの人だけなのかも知れませんが、被災者の多くの方々はこのような体験やもっとつらいことなどあったんだな…と考えさせられるマンガでした。

官僚に学ぶ読書術 #読了

IMG_3941

元内閣府参事官補佐の著者が、多忙な業務の中で身につけてきた読書術を解説。キャリア官僚として恥ずかしくない教養を磨くための読書のコツや、ひとつの法案を作るのに一〇〇冊以上の関連書籍を読まなければならない中で習得した速読術など、キャリア官僚の著者ならではの読書術が目白押し。

せっかくクーポンやポイントで電子書籍を安く購入しても、積ん読になっていたら、結局クーポンやポイントを捨てているのと同じことだと気づきました。
なので今日は読みたい本を新しく探すのではなく、自分の積ん読ライブラリから探して読むことに。少し前に読書術の本を読んだのですが、まだ読んでない読書術の本があったので読み比べてみました。

なぜ買ったのか思い出せない

この本は2014年5月下旬に出版されています。僕が購入したのが2014年8月下旬頃とログが残っていましたが、すぐに読みたいわけでもないのになぜ買ったのかが思い出せません。が、購入履歴を詳細に調べると、(【楽天Kobo_電子書籍】日替わりセール『官僚に学ぶ読書術』がクーポンで199円!_0828_slt)というクーポンで購入したようです。

ハイライト

読みながらハイライトした部分の一部を紹介します。

全国の20代・30代のビジネスパーソンが過去1年間に読んだビジネス書は平均3.1冊
(中略)
30代で年収3,000万円の人は1ヶ月で平均9.88冊も本を読む

自分が30代の頃は確かにこの平均ぐらいだったかも…これからでもたくさん読んでみようかな?

自己啓発本は前向きな内容が多いので、モチベーションも高まります。だから、次から次に自己啓発本を「はしご」する人もいるようです。しかしながら、いい自己啓発本が沢山あるからといって、自己啓発マニアとなることは避けなければいけません。それより、一冊でもいいからその内容の一部を「実践」することが何より大切です。

アウトプットするだけでなく、「実践」も必要ですね。

紹介されている本

後半では震災復興を中心とした本が紹介されています。これらの中で次に読んでみたいと思った本をいくつか紹介します。

LIFE PACKING2.1―未来を生きるためのモノと知恵― 高城剛 #読了

IMG_0076

ムダのないパッキングこそが、飛躍的に移動距離を延ばし、リスクに備える知恵をもたらし、人生をバージョンアップさせる!年間100便以上の飛行機に乗り、50ヵ国以上訪れる。日本に滞在しているのは1年のうちわずか2ヵ月強。住まいの拠点を持たない高城剛は、生活必需品をスーツケース2個に収め、日々を生きている。彼にとっての「要」「不要」の視点は、旅行スタイルの「進化」の果てに行き着く「未来」を見つめている。

以前の少し古いバージョンに引き続き読んでみました。こちらは2016/8/8に発売されたばかりなので、紹介されている商品は割と新しいものばかりです。

持っているモノ

紹介されている商品で僕が既に持っているものもいくつかありました。

SPIBELT

iPhoneや電子マネーカードなどを入れて走りに行ってます。

MacBook

特に説明は不要ですね。

欲しいと思ったモノ

THE SMART NANO DRONE

日本の改正航空法で200g未満は規制対象外とのこと、ただ動画の画質は今ひとつらしいです。

https://www.indiegogo.com/projects/onagofly-the-smart-nano-drone-video-camera#/

A-bike electric

専用のバッグに入れれば、旅先でも使えそうですが、値段を考えると買いにくいですね。