iPhoneに届いた迷惑SMSの着信拒否方法

今日初めてSMSの方に迷惑メールが届いたので、着信拒否を設定しました。
キャリアのほうでも設定できますが、iOS7からはiPhone本体で着信拒否ができるようになっており、こちらの方が簡単にできます。

20140130-124042.jpg

SMS画面で右上の「連絡先」をタップします。

20140130-124207.jpg

電話のマークと(i)のマークが出るので(i)の方をタップします。

20140130-124312.jpg

一番下の「この発信者を着信拒否」をタップします。

20140130-124348.jpg

確認ダイアログが出るので、赤い「連絡先を着信拒否」をタップすれば完了です。

Parallels上のWindows8でATOKの日本語入力切替を「かな」と「英数」に割り当てるには

忘れていたので備忘録としてまとめておきます。参考にしたページはこちらのページの「Windows 7 で ATOK 2012 を使用している場合」です。

1.ATOKのプロパティ(環境設定)を開き,新しいキースタイルを作成し,そのスタイルのカスタマイズ画面を開く
ap1

ap2

2.キー検索画面で「かな」を押す。
ap3

3.「日本語入力ON/OFF」機能を割り当てる。
ap4

4.同様に,「英数」キーに「日本語入力OFF」機能を割り当てる。

使っているMacのバッテリーの健全度評価をしよう

仕事では公共インフラの健全度評価などやっていますが,それはさておき,使っているMacのバッテリーをチェックしなきゃ,と思うアップデートが来ました。

スクリーンショット 2013-02-03 21.18.01

このアップデートは,Apple製ノートブックコンピュータで稀に起きる,バッテリーの充電回数が1000回を超えた場合にコンピュータが予期せず終了したり動作しなくなる問題を修正します。

スクリーンショット 2013-02-03 21.31.26今使っているMacBookは,Air11(2011)とRetina15(2012)なので,それぞれ1年半と半年が経過したぐらいです。それらのバッテリーの充電回数が,今現在どれくらいか気になったので,以下のアプリをMac App Storeからダウンロードしました。

アプリを起動し,ACアダプタを抜いた状態にすると,現在のバッテリーの状況がわかります。
一番上は,現時点でのバッテリー充電量,次の欄がバッテリーの健全度で,現在の最大容量と,購入時の最大容量が表示されています。現在7%消耗し,93%を使用できるようです。
その次の欄は,このままバッテリ運用すると何時間使えるか,(上から順に,現在の通電量,ブラウジング時,音楽再生時,映画視聴時,スタンバイ時)がわかります。
最後の詳細欄には,充電サイクル,バッテリの年齢,温度,電力量など。
2011年7月に購入したMacBook Airは,これまでの1.5年で149回の充電サイクルで健全度は約93%,この調子ならまだまだ使えそうです。昔のノートPCって2〜3年すると数十分しか持たなくなってたような気がするので,やっぱりバッテリー性能も上がっているようですね。

iTunes Card のiSightカメラ読み取りを試してみました

あけましておめでとうございます。
今さらかよ!って言われるかもしれませんが,セブンイレブンの20%ポイント還元が今日までだったので,iTunes Cardを購入してきました。
最近は国内ソニーレーベルのiTunes解禁,Amazonのkindle国内展開などiTunes Cardの出番が多くなってきましたね。
昔と違うのは,銀色の隠してある部分を削るのではなく,テープになっているので簡単にはがせるのと,iTunes11からは,MacのiSightカメラでスキャンできるため,コードの面倒な入力から開放されます。
カメラの前にかざすと,すぐに読み取りが完了しますが,2枚のうち,最初の1枚は1回めで,もう1枚は2回めで読み取りができました。読み取り精度が完璧ではないものの,何度かやり直すとちゃんと読み取れると思います。

Excelベンチ on MacBook Air with Parallels

続いて,MacBook Air 上の仮想環境 Parallels Desktop 7 にインストールした Windows 7 上にインストールしたExcelのベンチをとってみました。

MacBook Airは,SandyBridge世代で,先日発表されたものの一つ前のモデルですが,Core i7 1.8GHz の特盛りモデルなのですが,やはり仮想環境上だからでしょうか,ちょっと遅すぎますね。

仮想環境はOSの切り替えが,2本指スワイプですぐにできるし,コヒーレンスも使えてかなり便利なのですが,このパフォーマンスを見ると,Bootcampへ移行しようか考えどころです。

Mac OS用のExcel2011も持っていますが,さすがにこちらではベンチは動きませんでした。