使っているMacのバッテリーの健全度評価をしよう

仕事では公共インフラの健全度評価などやっていますが,それはさておき,使っているMacのバッテリーをチェックしなきゃ,と思うアップデートが来ました。

スクリーンショット 2013-02-03 21.18.01

このアップデートは,Apple製ノートブックコンピュータで稀に起きる,バッテリーの充電回数が1000回を超えた場合にコンピュータが予期せず終了したり動作しなくなる問題を修正します。

スクリーンショット 2013-02-03 21.31.26今使っているMacBookは,Air11(2011)とRetina15(2012)なので,それぞれ1年半と半年が経過したぐらいです。それらのバッテリーの充電回数が,今現在どれくらいか気になったので,以下のアプリをMac App Storeからダウンロードしました。

アプリを起動し,ACアダプタを抜いた状態にすると,現在のバッテリーの状況がわかります。
一番上は,現時点でのバッテリー充電量,次の欄がバッテリーの健全度で,現在の最大容量と,購入時の最大容量が表示されています。現在7%消耗し,93%を使用できるようです。
その次の欄は,このままバッテリ運用すると何時間使えるか,(上から順に,現在の通電量,ブラウジング時,音楽再生時,映画視聴時,スタンバイ時)がわかります。
最後の詳細欄には,充電サイクル,バッテリの年齢,温度,電力量など。
2011年7月に購入したMacBook Airは,これまでの1.5年で149回の充電サイクルで健全度は約93%,この調子ならまだまだ使えそうです。昔のノートPCって2〜3年すると数十分しか持たなくなってたような気がするので,やっぱりバッテリー性能も上がっているようですね。

iTunes Card のiSightカメラ読み取りを試してみました

あけましておめでとうございます。
今さらかよ!って言われるかもしれませんが,セブンイレブンの20%ポイント還元が今日までだったので,iTunes Cardを購入してきました。
最近は国内ソニーレーベルのiTunes解禁,Amazonのkindle国内展開などiTunes Cardの出番が多くなってきましたね。
昔と違うのは,銀色の隠してある部分を削るのではなく,テープになっているので簡単にはがせるのと,iTunes11からは,MacのiSightカメラでスキャンできるため,コードの面倒な入力から開放されます。
カメラの前にかざすと,すぐに読み取りが完了しますが,2枚のうち,最初の1枚は1回めで,もう1枚は2回めで読み取りができました。読み取り精度が完璧ではないものの,何度かやり直すとちゃんと読み取れると思います。

初めて買ったMacはColor Classic II

初めてMacに出会ったのは,大学の研究室に配属になった’92の頃でした。当然その頃はNECのPC-9801が全盛で,MS-DOS3.1から一太郎Ver3とかGPとかTeXとかFORTRANとか使って研究したり論文書いたりしてたけど,Excel4を使うこともあるので,何台かはMacintoshが置いてありました。モノクロのSE/30とかLCシリーズとかあったような。

当時バイト代を貯めて初めて自分用に買ったMacはモニタ一体型のColor Classic IIでした。大学生協で13万円台だったと思いだしました。解像度はたしかXGAの半分の512×384ぐらいでしたがソニーのトリニトロンで変なラインが一本入っていてハズレモニタだったw CDすらついておらず,ソフトのインストールに3.5インチのフロッピーを何枚も入れ換えていました。OSはSystem7だけど日本では,漢字TALK7.5とかだった。CPUもメモリもハードディスクもすべてギガでなくメガだったので,今のパソコンの千分の1以下の性能しかないってことだけど,そんなの使って卒論を書いてました。
(思い出しながら書いているので何か間違っているかもしれませんw)

当時はデジカメなどもなく,自分の写真も残ってないので,出典は昨日発売のこちらThe History of Jobs & Apple 1976~20XX (100%ムックシリーズ)
から

Mactrackerで過去のApple歴を整理した

過去のApple製品のカタログ的なアプリですが,過去に何を持っていたか,今何を持っていて保証期間内かどうか,などをMy Modelsとして整理できるアプリが Mac App Store にあったので使ってみました。

Mactracker App
カテゴリ: 参考書
価格: 無料


僕の My Models はこの通り。表示されるアイコンの色は選べないようです。

初めて買ったApple製品はColorClassicIIでした。大学で卒論を書くために買い,当時はまだ一般的でなかったExcelを使い始めました。そのころWordはまだメジャーでなかったので,Word Perfectという別なソフトを使っていました。CD-ROMもなくフロッピーでソフトをインストールしていた時代でした。
その後就職したら,日本のオフィス事情はPC-98のMS-DOSからWindows3.1へ移行する時期でしたので,しばらくMacはおあずけに。